職人という直向きさ

投稿者: hemingarts 投稿日: 07/02/2019 in Uncategorized

宮腰徳二さんの器の中で、一番好きかもしれない。このしのぎの美しさの中に黒釉のふくよかな輝き。真ん中のくぼみに軽くお料理を盛れば、それはそれは美しく仕上がる。この艶この色この薄さ、自分は作家じゃなく職人だからという、徳二さんの直向きなプライドが、こんなにも美しい器を作るのだろう。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。